トップページカジノ必勝法マネーシステム > ピラミッド法

ピラミッド法

・負けた時に賭け金を1増やす
・勝った時に賭け金を1減らす
というダランベール法のバリエーションで、最初の賭けを1単位ではなく、例えば10単位にし、勝った場合は1単位減らし、負けた場合は1単位増やす戦法です。

勝っている時でも負けている時でも、資金の増減が緩やかになるというダランベール法よりももっと資金の増減が緩やかになります。

ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどの1/2の確率で配当が2倍以上のゲームで有効です。

例: 最初に5連敗して、そのあと5連勝した場合
  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
勝敗 × × × × ×
賭け金 10 11 12 13 14 15 14 13 12 11
損益
(配当が2倍の場合)
-10 -21 -33 -46 -60 -45 -31 -18 -6 +5

5連敗、そしてそのあと5連勝することは確率的にはあまりないですが、5勝5敗でもプラスになっているのがポイントです。


破格のボーナスがもらえるオンラインカジノ。マイクロゲーミング系の本命、ジャックポットシティオンラインカジノ>>
イギリス政府公認のイギリスNo.1のオンラインカジノのウィリアムヒルカジノ>>
スマートフォン対応(iPhone/Android)オンラインカジノ>>


↑