トップページカジノ必勝法マネーシステム > モンテカルロ法

モンテカルロ法

モンテカルロカジノでカジノを破産させたといわれる投資法です。モンテカルロ法は配当が2倍や3倍のルーレットなどのゲームで有効です。
1). 数列[1][2][3]を紙に書きます。
2). 数列[1][2][3]の両端の数である1と3を加えた数=4が最初の回の賭ける単位になります。(1単位が$1なら$4)
3). 負けたら、今賭けた数字=4を数列の右側に書きます 。つまり、数列は[1][2][3][4]になります。そして上記の2).の要領で、数列は[1][2][3][4]の両端の数である1と4を加えた数=5が次回の賭ける単位となります。
4). 勝ったら、配当が2倍のゲームの場合は数列の左端の数字1つと右端の数字1つを消します。配当が3倍のゲームでは左端の数字2つと右端の数字2つを数列から消去します。最終的に数字が1つだけ残るか、数列がなくなったら終了します。

配当が3倍のゲームの場合
  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目
勝敗 × × × ×
数列 1.2.3 1.2.3.4 1.2.3.4.5 1.2.3.4.5.6 3.4 3.4.7
賭け金 4 5 6 7 7 10
累計損益 -4 -9 -15 -1 -8 +12

3連敗して数列[1][2][3][4][5][6]の場合、4回目の賭ける単位1+6=7で的中したら、左から1と2、右側から5と6を消去して、数列は[3][4]となり、5回目の賭ける単位は3+4=7となります。そして、賭ける単位7で負けた場合、数列は[3][4][7]となり、6回目の賭ける単位は3+7=10となります。数列の数字が1つまたはなくなった時、必ずそれまでの合計で利益になるというのがモンテカルロ法です。負けが続いても賭け金がマーチンゲール法よりも小額で済むので精神的にやりやすい方法かもしれません。


破格のボーナスがもらえるオンラインカジノ。マイクロゲーミング系の本命、ジャックポットシティオンラインカジノ>>
イギリス政府公認のイギリスNo.1のオンラインカジノのウィリアムヒルカジノ>>
スマートフォン対応(iPhone/Android)オンラインカジノ>>


↑