トップページカジノ必勝法マネーシステム > マーチンゲール法

マーチンゲール法

すべてのギャンブルの基本になる投資法で、ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどの1/2の確率で配当が2倍以上のゲームで有効です。
負けた時に賭け金を勝つまで倍々に増やしていくことによって負けた分を1回で取り返すというものです。別名「倍賭け法」とも呼ばれます。理論上絶対に負けない戦法です。しかし最初の賭け金を$1とすると、例えば9回連続で負けた場合、10回目の賭け金は$512となり、 1回の勝負にこれだけ賭けられるか?精神的につらいものがあります。しかし10回連続で負ける確率は1024分の1なので、確率論上あまり起こりえないとも考えられます。
賭け金の上限が定められているゲームがありますので、その場合、何回までの負けまでOKか知っておいたほうがよいでしょう。

  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目 10回目
連敗する確率
(勝率1/2の場合)
50%
(1/2)
25%
(1/4)
12.5%
(1/8)
6.25%
(1/16)
3.13%
(1/32)
1.56%
(1/64)
0.78%
(1/128)
0.39%
(1/256)
0.20%
(1/512)
0.10%
(1/1024)
賭け金 1 2 4 8 16 32 64 128 256 512
累計賭け金 1 3 7 15 31 63 127 255 511 1023
利益 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1


破格のボーナスがもらえるオンラインカジノ。マイクロゲーミング系の本命、ジャックポットシティオンラインカジノ>>
イギリス政府公認のイギリスNo.1のオンラインカジノのウィリアムヒルカジノ>>
スマートフォン対応(iPhone/Android)オンラインカジノ>>


↑