トップページカジノのルール > バカラのルール

バカラのルール

バカラの歴史

バカラ/Baccarat 「バカラ」とは、イタリア語でゼロを意味します。1500年頃にヨーロッパで生まれ、当時のイタリア貴族たちの間で大人気を博しました。イギリスでも王侯貴族たちが熱中して遊び、現在でもそのなごりとして、「キング・オブ・ゲーム」という尊称を残しています。
バカラは他のゲームより控除率が少ないのでディーラーとほぼ互角の勝負が出来ます。ゲームの内容はカジノゲームの中で一番簡単であり、シンプルイズベストのギャンブルの真髄を味わえます。まさにキングオブゲームと言えるでしょう。

バカラのルール

PLAYERにもBANKERにそれぞれ2枚ずつ、最大で3枚ずつカードが配られます。1番目と3番目のカードはPLAYERに配られ、 2番目と4番目のカードはBANKERに配られます。そして、ルールに従ってPLAYER、BANKERとも3枚目のカードを引くかどうかを決定します。

ゲームの目的は、PLAYER(プレーヤー)側とBANKER(バンカー)側のどちらに配られたカードが勝つか、つまり、どちら側のカードの合計が9に近くなるかを当てることです。絵札と10は0、エースは1とカウントし、他のカードはすべてその数をそのままカウントします。それぞれの手のスコアは、カードの合計の下一桁の数字になります。

例 7と8を引いた場合、合計は15。スコアは5。
Kと5と6を引いた場合、合計は11。スコアは1。

賭けには3つの選択があります。
1.「バンカーの勝ち」に賭ける
2.「プレイヤーの勝ち」に賭ける
3.「引き分け」に賭ける


最初の2枚のカードで8または9のスコアになれば、これを「Natural(ナチュラル)」と呼びます。プレイヤー、バンカーのどちらかがナチュラルになればその時点でナチュラルの勝ちです。もし、両側ともナチュラルであれば、スコアの高いほうが勝ちです。もし、両側ともナチュラルでスコアも同じであれば、引き分けとなります。
PLAYERもBANKERもナチュラルではない場合、ゲームは続きます。

3枚目のカードを引くルール

プレイヤーの最初の2枚のカードの合計が
0-1-2-3-4-5 ドロー(カードを引く)
6-7 スタンド(カードを引かない)
8-9 ナチュラル

バンカーの最初の2枚のカードの合計が
0-1-2 ドロー(プレイヤーがナチュラルでないなら)
3 プレイヤーの3枚目のカードが0-1-2-3-4-5-6-7-9ならドロー、8ならスタンド
4 プレイヤーの3枚目のカードが2-3-4-5-6-7ならドロー、0-1-8-9ならスタンド
5 プレイヤーの3枚目のカードが4-5-6-7ならドロー、0-1-2-3-8-9ならスタンド
6 プレイヤーの3枚目のカードが6-7ならドロー、0-1-2-3-4-5-8-9ならスタンド
7 スタンド
8-9 ナチュラル

バンカーサイドは以下の表に従ってカードが配られるか判断します。
「D」はドロー、「S」はスタンド
バンカーハンド プレイヤーサイドの3枚目のカード
なし 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 D D D D D D D D D D D
1 D D D D D D D D D D D
2 D D D D D D D D D D D
3 D D D D D D D D D S D
4 D S S D D D D D D S S
5 D S S S S D D D D S S
6 S S S S S S S D D S S
7 S S S S S S S S S S S
8 ナチュラル(即座に終了、勝負)
9

勝敗

手持ちカードの合計が9に近いほうが、勝ちとなります。賭けに勝った場合、賭け額と同額のチップが払われます。
「バンカーが勝つ」に賭けて勝った場合は、5%がコミッションとして差し引かれて払われます。
バンカーとプレイヤーのカードのスコアが同じ場合は、「引き分け」に賭けていれば賭けたチップの8倍が払われます。
「引き分け」になった場合、「バンカーが勝つ」「プレイヤーが勝つ」に賭けたチップはそのまま戻されます。

破格のボーナスがもらえるオンラインカジノ。マイクロゲーミング系の本命、ジャックポットシティオンラインカジノ>>
イギリス政府公認のイギリスNo.1のオンラインカジノのウィリアムヒルカジノ>>
スマートフォン対応(iPhone/Android)オンラインカジノ>>


↑