トップページカジノのルール > クラップスのルール

クラップスのルール

クラップスの歴史

クラップス/Craps "サイコロ(ダイス)"を使うゲームは文明開化までさかのぼり、初期のサイコロは動物の骨やカシのような堅材から作られました。
2000年以上前にはローマの兵士が彼らの盾にブタのナックルを投げて遊ぶ"骨"と呼ばれるゲームが存在しました。 しかしどこでクラップスが誕生し、その名前の由来はどこからきたのでしょうか?

その回答をめぐって論争が起きましたが、ブタのナックル投げがカジノの歴史にさかのぼることは興味深いものがあります。

アラビア人がその勢力を元ローマ帝国まで拡大したとき、軍隊の娯楽として"骨投げ(ダイス投げ)"を取り入れました。 彼らはその小さな、番号がついた立方体を"azzahr"と呼びました。
中世期、ヨーロッパとの貿易が広がるにつれて、いつしかこのサイコロのゲームは"hasar"または" hasard"として、フランス人により再び地中海地域にもどって来ました。
そして13から14世紀にかけてフランスとイギリス間の長期戦争により、英国の騎士は"hazard(ハザード)"(一か八かまたは危険を冒してとういような意味)と名づけて英国に持ちこみました。

英国人がこのゲームで最も低い出目を"crabs(クラブス)"と呼びました。
フランスの兵士達は英国の囚人からこの呼び名を採用しましたが、彼らの言語を尊重しフランス語の呼び名"crabes(クラベス)"として維持しました。
18世紀初期にフランスの植民者によってこのゲームはカナダに渡りました。
イギリスが植民地をアメリカから更に北へと勢力を伸ばしたましたが、18世紀末には、逆にフランス語を話すカナダ人がルイジアナに移ってきました。 その頃には英語名のハザードの呼び名はなくなり、 crabesはCajun(ケイジュン:カナダのアカディア出身のフランス人子孫である Louisiana 州の住人)の方言から"creps(クレップス)"として知られるようになりました。

Cajunがボートでミシシッピーに旅行した時に、この歴史あるサイコロのゲームは再び英語を母国語とするアメリカ人の開拓者達に紹介されました。
彼等はこのゲームを訛りから"craps(クラップス)"と呼びました。 その後、アメリカ人が西部に移り渡り、クラップスは全国的に酒場やカジノの主役となりました。
市民戦争後、サイコロメーカーは完璧に製造されなかったサイコロが問題にならないような革新的な案を提案しました。
プレーヤーはシューター側に賭けることも、逆にシューターに反して賭けることもできるようになりました。 クラップスの人気が上昇する一方、より様々な賭け方(HardwaysやHorn bets)や刺激のあるルールが取り入られました。

今日、クラップスはどのカジノでも最も人気のあるゲームの一つです。 人だかりがあり、熱気のある歓声が上がっていたら、そこがクラップスのテーブルです。

クラップスのルール

クラップスは2ヶのサイコロを振ってその出目によって勝敗が決まるゲームです。

まずはじめにプレーヤーがおのおの好きな場所に賭け金を置きます(BETします)。

はじめに、最初の投げ手(シューター)がサイコロを2ヶ投げます。これをカムアウトロールと言います。これでゲームがスタートします。

2ヶのサイコロの目の合計で
・7, 11が出ればその時点で投げ手の勝ち: ナチュラル(Natural)
・2, 3, 12が出ればただちに投げ手の負け: クラップス(Craps)

でこれでそのゲーム(ラウンド)は終了します。

4, 5, 6, 8, 9, 10が出た場合はゲームを続行します。
この4, 5, 6, 8, 9, 10をポイントと呼びます。

投げ手(シューター)がポイント、または7を出すまで第2投、第3投、第4投とサイコロが振られ、ゲームは続けられます。
ポイントを出せば投げ手の勝ちで、7を出すと投げ手の負けになります。
ポイント、または7以外の数字は勝敗に関係ありません。

投げ手を含む客(クラップスのプレーヤー)は、投げ手が勝つか負けるかに賭けるのがこのクラップスのゲームになります。
通常は、サイコロの投げ手(プレーヤー側)が、みんなでシューターが勝つほうに張り(賭けて)、カジノ側を負かすのがゲームの醍醐味になり、これがクラップスが大盛り上がりをすることが多い理由になります。

賭け方

クラップステーブル

パスライン(PASS LINE)
最も基本的な賭け方で、投げ手(シューター)が勝つほうに賭ける賭け方。
・7, 11が出れば勝ち
・2, 3, 12が出れば負け

4, 5, 6, 8, 9, 10が出た場合はゲームを続行します。
第2投目以降で「7」が出る前にポイントが出れば勝ちとなり、「7」が先に出ると負けでゲームは終了になります。
もちろん第2投以降で2, 3, 11, 12が出ても勝ちにも負けにもなりません。第2投以降は7が出るか、ポイントが出るかで勝負が決まります。

カム(COME)
基本的にパスラインと全く一緒です。
異なるところは、
・第1投のカムアウトロールの後の任意のタイミングで賭ける
・ポイントは、次に投げられるサイコロの目になる(第2投から参加の場合は、第3投の目がポイントになる)
ことのみです。

上記2つの賭け方が基本になりますので、ランドカジノなどではこの賭け方をするのが最も盛り上がると思います。

上記のパスライン、カムの正反対に張る(カジノ側に賭ける)方法が下記の2つになります。

ドントパス(DON'T PASS)
パスライン(PASS LINE)の全く逆の賭け方

・7, 11が出れば負け
・2, 3が出れば勝ち
・12が出た場合は、引き分けでゲーム終了

4, 5, 6, 8, 9, 10が出た場合はゲームを続行します。
第2投目以降で「7」が出る前にポイントが出れば負けとなり、「7」が先に出ると勝ちでゲームは終了になります。

ドントカム(DON'T COME)
カム(COME)の全く逆の賭け方になります。

次に、ハウスエッジゼロの賭け方があり、ハウスエッジゼロはカジノでもこのクラップスだけになります。
オッズベットという賭け方です。

オッズベット(ODDS BET)
パスライン、ドントパス、カム、ドントカムで、第1投のカムアウトロール後に自分の賭け額へ追加でベットする賭け方。
パスオッズ(Pass Odds)、ドントパスオッズ(Don't Pass Odds)、カムオッズ(Come Odds)、ドントカムオッズ(Don't Come Odds)という賭け方です。
オッズベットは、確率に応じて払い戻しされるため、カジノの取り分(ハウスエッジ)がゼロの賭け方で、クラップスのプレーヤーにとって、とても有利な賭け方になります。

この他にも多種多様な賭け方がありますが、ハウスエッジの面で非常に不利のため、上記の賭け方がベターになります。

払い戻し

賭け方 勝つ条件 払い戻し
パスライン(PASS LINE) カムアウトロールで7か11、それ以降はポイント 1:1
ドントパス(DON'T PASS) カムアウトロールで2か3、それ以降は7 1:1
カム(COME) カムロールで7か11、それ以降はカムポイント 1:1
ドントカム(DON'T COME) カムロールで2か3、それ以降は7 1:1
パスオッズ(Pass Odds) 7の前にポイント、パスラインの追加賭け 2:1 ポイント4か10
3:2 ポイント5か9
6:5 ポイント6か8
ドントパスオッズ(Don't Pass Odds) ポイントの前に7、ドントパスの追加賭け 1:2 ポイント4か10
2:3 ポイント5か9
5:6 ポイント6か8
カムオッズ(Come Odds) 7の前にカムポイント、カムの追加賭け 2:1 カムポイント4か10
3:2 カムポイント5か9
6:5 カムポイント6か8
ドントカムオッズ(Don't Come Odds) カムポイントの前に7、ドントカムの追加賭け 1:2 カムポイント4か10
2:3 カムポイント5か9
5:6 カムポイント6か8

破格のボーナスがもらえるオンラインカジノ。マイクロゲーミング系の本命、ジャックポットシティオンラインカジノ>>
イギリス政府公認のイギリスNo.1のオンラインカジノのウィリアムヒルカジノ>>
スマートフォン対応(iPhone/Android)オンラインカジノ>>


↑