トップページカジノのルール > オマハ・ホールデムポーカーのルール

オマハ・ホールデムポーカーのルール

オマハ・ホールデムポーカー/Omaha Hold'em Poker

オマハ・ホールデムポーカー流行の経緯

テキサスホールデムポーカーの大流行があり、強いプレイヤーが増えてきて、戦術も極めて洗練されてきたため、テキサスホールデムで稼ぐのが難しくなってきました。
そこでより多くのフィッシュ(カモ)がいる場所を求めて、またゲームの面白さももとめて、オマハホールデムが近年流行り始めています。
今後のポーカーはオマハホールデムが主流になるとも言われており、オマハホールデムをプレーできるようになるのもよいかもしれません。

2012年のワールドシリーズオブポーカー(WSOP、世界ポーカー選手権大会)でオマハ・ホールデムポーカーの「ポット・リミット・オマハ・シックス・ハンデッド」の種目で、木原直哉プロポーカープレーヤーが初の日本人の世界選手権での優勝(獲得賞金は$512,029)を果たしたのも記憶に新しいところです。

オマハ・ホールデムポーカーのルール

基本的にテキサスホールデムと同じですが、プレイヤーに配られるカード(ホールカード)が4枚になります。
テキサスホールデムとは異なり、ホールカードの2枚、ボードの3枚を必ず使用しなければなりません。(テキサスホールデムは、例えばボードの5枚を使用して手を作ることが出来ますが、オマハホールデムでは手札から2枚、ボードから3枚を必ず使用しなければなりません。)

また、オマハホールデムでは、カードの枚数が多く、強い役が出来やすいため、レイズのサイズがポットサイズまでという「ポットリミット」の形式を取り、「ポットリミットオマハ(PLO)」としてプレーされます。(テキサスホールデムの場合は、レイズに上限がなく(ノーリミット)、「ノーリミットホールデム(NLH)」としてのプレーが主になります。)

ポットリミットオマハは、ノーリミットホールデムに比べゲームの分散が多く、損益が非常にぶれやすいという特徴もあります。

破格のボーナスがもらえるオンラインカジノ。マイクロゲーミング系の本命、ジャックポットシティオンラインカジノ>>
イギリス政府公認のイギリスNo.1のオンラインカジノのウィリアムヒルカジノ>>
スマートフォン対応(iPhone/Android)オンラインカジノ>>


↑