トップページカジノのルール > レッドドッグのルール

レッドドッグのルール

レッドドッグの歴史

レッドドッグ/Red Dog レッドドッグは、カジノウォーのように、新しいゲームかと思いきや、レッドドッグが最初にプレーされたのはアメリカの1800年代になります。
レッドドッグは当時もあまり有名でなく、人気もあまりないゲームでしたが、ラスベガスで1931年にカジノが合法化されてから、新しいゲーム、新しいルールでレッドドッグポーカーという名称で再開しました。
今でも決して人気のあるとは言えないゲームですが、アメリカやカナダのカジノでプレー出来ます。またオンラインカジノでは多くのオンラインカジノでプレー出来るゲームです。

個人的には、この単純なルールが、カジノウォーにも似たようなものがあって好きなゲームです。「レッドドッグ」になったら結構盛り上がると思うんだよなぁ。私はオンラインカジノで知ったので、ランドカジノではプレーしたことはないですが、一度はプレーしてみたいゲームのひとつです。

レッドドッグのルール

3枚目に配られるカードが最初の2枚の間に当てはまるかどうかに賭けるというゲームです。

まず、プレイヤーはベットします。

全員のベットが終了すると、ディーラーは手元に2枚のカードを表向きに配ります。1枚を右側に、もう1枚は左側に置かれます。
その数字により、下記の流れのどれかになります。

2枚のカードの数字が隣り合う場合(コンセクティブ)

5と6のように二枚のカードの数字が隣り合う場合、3枚目にどのカードを引いても最初の2枚の間に入る事は出来ません。よって3枚目のカードは配られずにその場で引き分けとなり賭け金は返還されます。

2枚のカードの数字が同じ場合(ペア)

2枚のカードの数字が同じ場合、3枚目のカードも同じ数字ならばプレイヤーの勝ちになります(レッドドッグ)。
12倍の配当が支払われます。
もし3枚目のカードの数字が最初の2枚と異なる場合は引き分けとなり賭け金は返還されます。

2枚のカードの数字が異なり、隣り合っていない場合(スプレッド)

プレーヤーは最初の賭け額をダブル(倍額)にするか、レイズする(賭け額を増やす)か、スタンド(そのままにする)かの選択を行います。その選択の終了後、3枚目のカードが配られます。
3枚目のカードが最初の2枚の間に当てはまればプレーヤーの勝ちです。賭け金は以下の表により払い戻されます。

スプレッド1 6倍
スプレッド2 5倍
スプレッド3 3倍
スプレッド4以上 2倍

スプレッドは、A K Q J 10 9 8 7 6 5 4 3 2の順番を元に決まります。2枚のカードの間にあるカードの数になります。
たとえば、最初の2枚のカードが
10と8なら、スプレッド1
Jと8なら、スプレッド2
3と8なら、スプレッド4
最大は、Aと2で、スプレッド11
になります。

2枚の間に入らない場合(2枚のいずれかと同じ数字も含む)、プレーヤーの負けとなり、賭け金(ベット)は没収されます。

破格のボーナスがもらえるオンラインカジノ。マイクロゲーミング系の本命、ジャックポットシティオンラインカジノ>>
イギリス政府公認のイギリスNo.1のオンラインカジノのウィリアムヒルカジノ>>
スマートフォン対応(iPhone/Android)オンラインカジノ>>


↑