トップページカジノ必勝法 > バカラ必勝法

バカラ必勝法

バカラ/Baccarat 控除率(ハウスエッジ)が他のゲームに比べて少ないため、バカラは他のゲームより勝ちやすいです。バンカーに賭けるかプレイヤーに賭けるかのどちらかなので、必勝法は特にありませんが、確率論上はバンカーに賭け続けたほうが若干勝つ確率が高いです。また、引き分けには絶対賭けないことです。

バカラのハウスエッジ(控除率)

8デッキの場合 バンカーに賭けた場合 1.06%
プレイヤーに賭けた場合 1.24%
引き分けに賭けた場合 14.36%
6デッキの場合 バンカーに賭けた場合 1.06%
プレイヤーに賭けた場合 1.24%
引き分けに賭けた場合 14.44%
1デッキの場合 バンカーに賭けた場合 1.01%
プレイヤーに賭けた場合 1.29%
引き分けに賭けた場合 15.75%
※デッキとはトランプのセットのことです。8デッキとはトランプを8セット使用した場合のことです。

バカラのコツ

バカラはスキル(技術)のゲームではないため、バンカーが勝つかプレイヤーが勝つかのどちらかに賭けたら、結果はコントロールすることが出来ません。

ブラックジャックのような他のカジノゲームと異なり、勝敗に影響する決断がないため、基本戦略のようなものがありません。
どちらが勝つかに賭けて結果を見守るしかありません。

しかし、下記のことを知っておくことは無駄にはならないと思います。

数学的な計算

バカラのハウスエッジはとてもバカラのプレーヤーに有利です。バンカーに賭けた場合、カジノのハウスエッジはたった1.数%です。バカラはすべてのカジノゲームのなかで最もハウスエッジの低いゲームの1つと言っていいでしょう。

以下がバカラについての数学的な計算になります。

・バカラはプレイヤーが勝つ確率はプレイヤーが負ける確率より若干少ないです。
プレイヤーは44.62%の確率で勝ち、プレイヤーは45.85%の確率で負けます。

・引き分け(タイ)はあまり起きませんが、起こりえます。引き分けになる確率は9.53%で、払い戻しは8:1です。引き分けへの賭けはハウスエッジがとても大きいです。

・引き分けを除外して考えると、バンカーは約51%の確率で勝ちます。この1%がとても微妙なアドバンテージで、コイントスの確率よりも僅かながら有利な確率です。どちらに賭けるか迷った時は、バンカーに賭けるのがよいかもしれません。

バカラの確率を理解する

バカラの確率で最も重要なことは引き分けに賭けることについての理解です。

引き分けに賭けた時の8:1の払い戻しはとても魅力的に見えますが、実際はもっと大きな払い戻し金額になるのが、正しいオッズになります。そのため、引き分け(タイ)に賭けた時のハウスエッジは14%を超えます。

バンカーが勝つ確率はプレイヤーが勝つ確率より高いです。なぜならバンカーのハンドはプレイヤーのハンドの後に決定されるからです。バンカーはカードを引くかどうか決める前に何をすればよいか知っているからです。

しかしながら、バンカーに賭けて勝った場合はカジノに5%のコミッション(手数料)を支払わなければならないため、若干バンカーのほうが有利というところに落ち着きます。

バカラの確率を分析する

5%のコミッションがあったとしても、バンカーに賭けた場合のハウスエッジは1.06%でプレイヤーに賭けた場合の1.24%より少ないです。このことは、プレイヤーに賭ける理由はないことになります。自分の意思で楽しみのためにプレイヤーに賭けることを除いては。

多くのプレーヤーがバンカーが勝ったか、プレイヤーが勝ったかの出目表をもとに出目の傾向を元に賭けます。

確かなことは、プレーを長い時間続ければ、バンカーが勝つ確率のほうがプレイヤーが勝つ確率よりも僅かながら多くなります。しかしながら、短期的なゲーム、短時間のゲームにおいては、確率はあまり影響しません。たとえ、直前10〜20ハンド(ゲーム)でバンカーが連続して勝ったとしても。

バカラは偶然のゲームのため、ゲームがスタートしたら、勝敗に影響する決断がないため、どちらが勝つかに賭けて結果を見守るしかありません。

破格のボーナスがもらえるオンラインカジノ。マイクロゲーミング系の本命、ジャックポットシティオンラインカジノ>>
イギリス政府公認のイギリスNo.1のオンラインカジノのウィリアムヒルカジノ>>
スマートフォン対応(iPhone/Android)オンラインカジノ>>


↑