トップページレッツスタート オンラインカジノ > 第三者機関による審査

第三者機関による審査

オンラインギャンブルの公正さ、健全性、安全性の確保のため、多くのオンラインカジノで独立した第三者機関による審査を受けています。
審査の内容は、

・公正なゲーム(出目のランダムさ、乱数発生が正常に行われているか)
・預金の安全性
・迅速な支払い
・プレーヤーへのサービス、サポート
・責任あるカジノ運営

などになります。

審査にクリアしたカジノは、クリアした旨をホームページに掲載していますので、確認するとよいと思います。

第三者機関には下記のようなものがあります。

eCOGRA (イーコグラ/eCommerce and Online Gaming Regulation and Assurance)

2003年にイギリスで設立されました。オンラインギャンブル産業で非常に有名な審査機関で、多くのオンラインカジノがeCOGRAの審査を受けています。

審査の認定証は、オンラインカジノのホームページから見ることが出来ます。
下記が例として、ジャックポットシティオンラインカジノのものになります。

認定証



ペイアウト率レポート



ブラックジャックの乱数生成機能の出力結果の保証書



TST (テクニカルシステムズテスティング/Technical Systems Testing)

1993年に設立された、世界で最も実績のあるゲーム審査機関のひとつです。2010年に、Gaming Laboratories International (GLI)グループに入りました。

審査の認定証は、オンラインカジノのホームページから見ることが出来ます。
下記が例として、ウィリアムヒルカジノのものになります。

認定証

1ページ目


2ページ目


オンラインカジノをやっていると、連敗が続いてしまったりなど、かなり確率的にあまり起こらないことが結構頻繁に起きますが、これを見ていると不正はないと信頼出来ると思います。

↑