トップページオンラインカジノ一覧プレイテック系 > クラブダイスカジノ

クラブダイスカジノ/ClubDice Casino

貫禄のある老舗カジノ
おすすめ度:★★★
クラブダイスカジノ/ClubDice Casino クラブダイスカジノは、プレイテック系の最古参カジノです。日本語オンラインカジノとしては、最も古くからあるプレイテック系のカジノです。
長い実績に定評があります。

クラブダイスカジノは、iGlobalMedia Entertainment Limited所有のもと、世界最大級のオンラインカジノ運営会社Global Gaming Net (GGN)にて運営されています。
ソフトウェアは、Play Tech系らしく、グラフィックが美しく、サウンドも素晴らしいオンラインカジノです。

名称がダイス(サイコロ)となっていますが、もちろん、オンラインカジノのすべての種類のゲームが揃っているカジノです。

最近は、プレイテック系も、いろいろなテーマのカジノが出てきていますが、クラブダイスカジノは老舗カジノなので、オンラインカジノ初期の雰囲気が随所に残っていて、新しいカジノをメインにプレーされていた方なら、逆に新鮮さを感じるかもしれません。もちろん、正統派の王道カジノで遊びたいなら、ここがおすすめです。

クラブダイスカジノのサイトへ>>

クラブダイスカジノの特徴

プレイテックのソフトウェアを使用

ソフトウェアは世界で指折りの信頼性と公平性に定評のあるプレイテックのゲーミングプラットフォームを採用しています。
また、同社にて開発・維持・管理されていますので、安全で公平なカジノを楽しむことが出来ます。

何百万回ものテストテストを受けたゲームのRNG(乱数生成機能)アルゴリズム

クラブダイスカジノのゲームはハイテク・コンピューターにより管理されています。そのコンピューターの性能が本当に公正な結果を出力するために、高度なRNG・ランダムジェネレーター(ランダムに数字を出す機械)を利用しています。このRNG・ランダムジェネレーター、およびクラブダイスカジノのソフトウェアは国際的な会計監査会社により何百万回ものテストゲームが試行され、公正なゲームを保証しています。

TST(テクニカルシステムズテスティング)による毎月の監査・報告

常に公平なゲームを保証するために、クラブダイスカジノは、世界で最も実績のあるゲーム審査機関のひとつである、TST(テクニカルシステムズテスティング)による毎月の監査・報告を行っています。
ペイアウト率(掛け金合計に対する支払い合計率)レポートは、毎月クラブダイスカジノのホームページで公開しています。
毎月のペイアウト率レポートはこちら>>

ジブラルタル政府のゲーミングライセンスを取得

オンラインカジノゲーム運営目的のために設けられたGambling Act 2005に基づきジブラルタル政府のライセンス認可を受け、ジブラルタル賭博委員会 (Gibraltar Gambling Commissioner) の規制を受けていて、厳格なガイドラインの下でオンラインカジノが運営されています。

VIPクラブ

たくさんゲームをプレーし、カジノに認めてもらえると、VIPクラブに招待されます。
クラブダイスカジノVIPクラブでは、経験豊かなVIPマネージャーがVIPメンバーのアカウントを個人的に見てもらえ、VIPプレイヤー専用のプロモーション、ボーナスを提供してくれます。
VIPマネージャーがきめ細かなサービスとご満足のいくゲーム体験を約束してくれます。

VIPクラブには、エメラルド、ダイヤモンド、ブラック・ダイヤモンドの3つの種類があります。ブラック・ダイヤモンドが最高峰になります。

クラブダイスカジノ詳細情報

ゲームの種類 200種類以上
ボーナス トータル$500ボーナス

*初回入金ボーナス
初回入金時100%ボーナス(最大$100)

*2回目〜5回目まで入金ボーナス
2回目〜5回目の入金時各100%ボーナス(最大$100)
ボーナス条件 入金額とボーナス額の合計の20倍を賭ける
除外ゲーム バカラ(ライブを含む)、クラップス、シックボー、ルーレット、ポンツーン、ブラックジャック・スイッチ、ブラックジャック・サレンダー、 ブラックジャック・マルチハンド、ビデオポーカー・ダブル
入金方法 クレジットカード(Master、Visa)、デビットカード(Visaエレクトロン、Maestro)、entropay、銀行振込
払い戻し方法 クレジットカード(Master、Visa)、デビットカード(Visaエレクトロン、Maestro)、entropay、銀行振込
サポート体制 メール、FAX、電話、チャット
ライセンス ジブラルタル

クラブダイスカジノのサイトへはいますぐ、ここをクリック!

↑